正確で効果的な食品表示を、選ばれるためのコミュニケーションツールに

ラベルバンク

社長メッセージ

社長メッセージ

中身を知りたい興味と、知らなければ困るという使命感と

常に食に関わる仕事をしたいと思い、この会社を始めました。
どんなものを使っているのか知りたい、という単純な興味もあります。
それ以上に、知らなければ困る人がいる点に、食品表示の仕事への意義を見出しています。

複雑なものを、シンプルにしたい

これまでの食品に関する仕事のなかで、表示制度の複雑さを実感しました。
その後、試行錯誤を重ねながら、食品表示検査のシステム化を追求しています。
複雑なものをシンプルにすると、そこに価値が生まれるのではないかと思っています。

いい商品とは何か?を追求したい

食品表示の視点から、いろいろな商品と、それに携わる方に出会いました。
安全、国産、栄養、健康、無添加、自然、と様々ですが、同時に受け取り方も様々です。
いい商品とは何か?という想いを、仕事を通して常に追求したいと思います。

情報に偏らず、食べる楽しみを大切に

文字や情報だけで中身を判断しないよう気をつけよう、と思うことが多くありました。
買い物では、食品表示の情報はあくまでもひとつのきっかけと考えています。
食べる楽しみを大切にできるよう、普段の仕事で心がけています。

食文化を大切に

国内の伝統食品、海外の栄養素材など様々な商品に携わります。
例えば食べ方や調理方法などは、その土地の文化を大切にしながら表現しています。
なぜその商品を作ったのか、という出発点の背景も、ひとつの文化だと考えています。

世界中で必要とされる仕事に育てたい

一人の日本人として、日本の食文化には誇りを持っています。
同時に、世界の一構成員としての自覚も大切にしたいと考えています。
今世界に求められていることを常に考え、その課題解決を提供できる会社を目指します。

川合裕之
PAGE TOP