正確で効果的な食品表示を、選ばれるためのコミュニケーションツールに

ラベルバンク

仕事紹介

海外翻訳業務

食品表示、規格書に関わる翻訳

海外留学、国際色豊かな環境で働いた経験から、 国の文化、習慣の違いを絶えず意識しながらお仕事をさせて頂いています。

原材料翻訳

「英語」という共通言語で海外のお客様と コミュニケーションを取っているとはいえ、 国、人によって表現方法も様々です。お客様が 何を求めているのか行間を読む作業も必須になってきます。

また、専門用語については翻訳の統一性・迅速性を 確保するという観点から、用語リストを作成するなど システム化を進めています。

近年、グローバルな案件も増えてまいりました。

弊社が常に心がけている「迅速かつ丁寧な対応」が海外のお客様にも評価され、 リピート、新規のお問い合わせにつながりつつあるのだと感じています。

一方で、海外のお客様とはコミュニケーションツールも限られることから、信頼を得るにはかなりの時間を要するということも実感しています。
より一層のサービスグローバル化に向け、努力を続けていきたいと思います。

メルマガや規格書、日常のメール

メルマガや日常のメールなどで気を付けている点をご紹介いたします。

専門用語、特に化学物質などの訳出は専門書を調べたり担当者に確認したりしながらなので 一番大変なところです。日英翻訳の場合、言い回しなどはなるべく自然なものになるよう、 又決まった表現があればそれを使うように心がけています。

海外とのやり取りはほとんどがメール中心なので、こちらは簡潔にわかりやすく、 用件がきちんと伝わるように気をつけています。日本語でもそうですが、メールは手軽なだけに、 何気ない言葉で意図せず相手に悪い感じを与えてしまうこともあります。

もちろん、ビジネス文ですから感情が入る訳ではありませんが、ちょっとした言葉遣いで お客様に悪い感じを与えることのないよう、元の日本語のニュアンスを大切にしています。

海外との橋渡しに微力ながら役に立てれば嬉しく思います。

PAGE TOP