食品表示作成・チェック

すでに『食品表示』として形になっているものを、チェックするサービスです。
規格書内容とのつき合わせによる、より正確なチェックをいたします。

サービス内容

食品表示チェック

栄養に関する強調表示調査

対応言語:日本語・英語

特徴

専任スタッフ

『食品表示』専任スタッフが担当

日頃から国内外の食品表示に関わっている専門スタッフのみでチェックさせていただきます。チェック後修正されたデータについての再チェックもお気軽にご相談ください。

レポート内容や書き方などでご質問がある場合は、専任担当がお答えいたしますのでご安心ください。

輸入食品の経験が豊富

輸入食品の経験が豊富

輸入食品は、添加物使用基準やアレルギーのチェックが重要になってきます。外国では記載しなくていいもので、日本では記載が必要な項目など可能性を含めてお知らせいたします。

レポート・メール等も英語対応可能ですので、日本の輸入業者さまにもおすすめです。翻訳は社内の海外担当スタッフが行いますのでご安心ください。

チェックサービス内容 詳細

食品表示チェック

必要なもの:パッケージデータ・規格書

「食品そのものの中身と表示内容が合っているか」を確認した上でのチェックが可能です。実際の製造工程や配合割合によって、表示基準(表示ルール)が変わる場合がありますので、正確なチェックを行うために規格書が必要になります。

規格書の形式は問いません。また、日本語・英語対応になっています。

パッケージデータ

パッケージデータは、すでにデザイン化されているパッケージデータ、もしくは食品表示データなどになります。形式は、jpg形式、pdf形式、ai形式などです。 ファイル形式については、お気軽にご相談ください。

規格書

規格書とは下記の項目がわかる資料のことです。
2次原料や3次原料(添加物使用基準の確認目的)・添加物、原料の配合順序、アレルギー物質を含む特定原材料・遺伝子組み換え原料・製造工程(各基準定義該当の確認目的)・栄養成分表・包装材質
※資料がない場合や、社内秘などの事情により、いただけない場合は、ご相談ください。
※対応言語は日本語と英語になっております。

オプションサービス

強調表示調査

規格書とのつきあわせチェックおこなう食品表示チェックサービスは、
食品表示のほかパッケージに使用される下記の情報があれば、パッケージや広告などに使用できる訴求ポイントかどうかをあわせて確認いたします。

パッケージの形ではなく、データの状態でも、もちろんチェックは可能です。
 ・キャッチコピー(○○たっぷりなどの表現)
 ・商品名
 ・パッケージに掲載予定の写真
 ・パッケージ素材など

対応言語・必要書類

規格書有無規格書言語レポート・メール対応言語
食品表示チェック日本語日本語
輸入食品表示チェック英語日本語 英語

食品表示チェック時に確認させていただく事項

食品表示基準(加工食品品質表示基準や食品衛生法)に適しているか

原材料に占める重量の割合の多いものから順に記載されているか、
添加物は物質名及びその用途名を記載しているか等

個別に決められているルールに適しているか

例:「ビスケット類の表示に関する公正競争規約」より絵、写真、説明文等
(例:国産100%、手作り、健康、カルシウム)で消費者に誤認を与えるような表示はないか

その他、訴求に関する表現が基準や関係規則に適しているか

栄養に関する訴求表現を記載する商品にあっては栄養表示基準を満たす数値であるか、
アレルギー物質及びアレルギー物質由来の添加物を含むものにあってはその旨を記載しているか、
必要な遺伝子組み換え表示はないか。
その他内容量単位、文字の大きさなど各製品に応じて必要資料を参照します。

あいまい表示(例:厳選、自然)など実際の流通で問題になりそうな表現はないか?

納品形態

・レポート…パッケージデータ上にチェック結果を表示(jpg形式、xls形式※)いたします。

※ レポートの形式についてご希望がある場合もお気軽にご相談ください。
※ チェック結果と同時に、それについての根拠元文書も合わせてお送りいたします。
※ チェック結果の見本もご用意しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

お気軽にお問い合わせください

東京 03-6260-9540
大阪 06-6838-7090

初めてのお問い合わせの方は
こちらのフリーダイヤルからどうぞ

0120-234-809

※ 携帯電話・PHSからもご利用いただけます

受付時間 平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム

ページの上へ