正確で効果的な食品表示を、選ばれるためのコミュニケーションツールに

ラベルバンク

ニュースリリース


2015/09/14
お知らせ伊藤忠インタラクティブさま「Label+(ラベルプラス)」に
Foodog食品表示データエンジンのデータベースが導入されました
2015/05/20
お知らせ食品表示新基準にも対応したオンラインチェックツール
「新・食品表示チェッカー」をリリース!
2013/07/26
お知らせ大日本印刷株式会社と協力し、
スマートフォンによる表示の生活者調査を実施しました。
2013/07/05
お知らせ食品表示のチェックポイントを「見える化」。
食品表示の専門検索システム「Foodog」を大幅リニューアル!
2012/06/01
お知らせ食品表示根拠確認システム Foodogが
ヤマトシステム開発株式会社「Hyper規格書@Web」に導入
2011/12/01
お知らせ食品表示根拠確認システム Foodog サービス開始
2010/08/17
ニュースリリース3秒でできる食品表示チェック!
キャッチコピー(根拠が必要な表示、禁止表示)チェック、
画像内文字読込機能追加の「らくらく食品表示チェッカーVer.6」
2009/3/6
ニュースリリース品質保証担当の方に。原材料表示の確認と変更が同時にできる。
「らくらく食品表示チェッカー」リリース
2008/7/25
ニュースリリースWhen travel abroad, how to keep ourselves away from allergic reaction?“Rakuraku Allergen Check in Multi-languages”was released.
2008/7/25
ニュースリリース夏休み、海外で食物アレルギーに悩まないために。
「らくらく多言語アレルギーチェッカー」リリース


お知らせ2015年9月 伊藤忠インタラクティブさま「Label+(ラベルプラス)」に
Foodog食品表示データエンジンのデータベースが導入されました。

食品表示ラベルの作成がオンラインで完結するサービスに、 Foodog 食品表示データエンジンのデータベースや、食品表示チェックのためのフローの仕組みが導入されています。

Label+は、食品表示ラベル作成の規則や手順に自信のない方でも製品の原材料を入力してチェックのお申し込みをいただくと、専門スタッフからのチェックやアドバイスいただきながら、食品表示ラベルの作成を完結することができるサービスです。

詳しくはこちらから

Foodog 食品表示データエンジンはこちらから

伊藤忠インタラクティブさまニュースリリースへはこちらから



お知らせ食品表示新基準にも対応したオンラインチェックツール
「新・食品表示チェッカー」をリリース!

2015年5月20日に食品表示チェックに役立つ新サービス「新・食品表示チェッカー」をリリースしました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
旧基準の食品表示から新基準の食品表示の移行の際のチェックにも便利!
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一括表示を入力すると瞬時に修正箇所とレポートがでてくる『原材料表示チェック』と、パッケージに書かれたキャッチコピーなどのチェックを行う『禁止表示チェック』の2種類。 食品表示チェックの効率を格段にアップさせるオンラインツールです。

まずは一度、下記のリンク先よりお試しください。

新・食品表示チェッカーはこちらから



お知らせ大日本印刷株式会社と協力し、スマートフォンによる表示の生活者調査を実施しました。

ラベルバンクは大日本印刷株式会社(以下DNP)と協力し、食品パッケージには表示しきれていない情報にも関わらず、 消費者にとって有用な情報や、消費者に求められている情報について、スマートフォンなどの情報端末を通じて提供する実験、調査を、 コンビニエンスストアなどの店頭に並ぶ商品を用いて実施しています。

商品から直接アクセスできるよう、容器に印刷された2次元コードを利用し、 商品の詳細情報の提供のほか、品質や商品に関するアンケートや、 ご協力いただいた方へのプレゼント提供などを行っています。

なお、DNPソーシャルリンクのシステム・プラットフォームを活用しているため、 スピーディに実施できるメリットもあります。

今後も両社協力し、食品表示に対する関心度や見やすさなどを調査・分析するとともに 消費者が求める情報の表現・提供方法、コンテンツ制作などに関するサービスを実施していきます。

詳しくは下記リンクをご覧ください。こちらに関するお問い合わせも受け付けております。

DNPトピックスはこちらから

お問い合わせはこちらから



お知らせ食品表示のチェックポイントを「見える化」。
食品表示の専門検索システム「Foodog」を大幅リニューアル!

2013年7月5日に食品表示の専門検索システム「Foodog(フードッグ)」を
大幅リニューアルオープンしました。
食品表示のチェックポイントを「見える化」、食品表示業務の「標準化」をサポートします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
「原材料名から根拠文書検索」と「キーワード検索」を無料化!
新たに「食品名称別チェックポイント検索」「食品表示サンプル検索」を追加!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

より多くの食品表示に携わる人たちに使っていただきたく、これまで有料会員にのみご提供していた
「原材料名から根拠文書検索」と「キーワード検索」を無料化しました。

チェックに漏れがないか調べたい方や、気になるルールを探したい方、お問い合わせなどスピードが必要な方にぜひとも使っていただきたいツールです。
お持ちの原材料表示(一括表示部分)のデータをコピー&ペースト、もしくは、調べたいキーワードを入力すると、そのキーワードが記載されている最新の根拠元本文(各官公庁サイトの告示・通達ページの関連資料)を表示させます。

また、有料会員さま向けには新たに「食品名称別チェックポイント検索」「食品表示サンプル検索」を追加!
食品表示に係わるチェック効率を上げたい方、
類似商品の表示を見てチェックをしたい方におすすめの機能です。

まずは一度、下記のリンク先よりお試しください。

Foodog(フードッグ)はこちらから



お知らせ2012年6月 食品表示根拠確認システム Foodogが
ヤマトシステム開発株式会社「Hyper規格書@Web」に導入

食品表示根拠確認システム Foodog(フードッグ)が、ヤマトシステム開発株式会の運営する「Hyper規格書@Web」に導入されました。
規格書の作成・管理を効率化し、業務プロセスの改善を支援するサービスで、月額3万円からご利用できます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
「食品表示チェックは、原料規格書管理の段階ですることがベスト」
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私たちは、食品表示チェックは、できれば原料規格書管理の段階ですることがベストだと考えています。
パッケージになってしまってからのチェックは、確認範囲に限界があるためです。
食品表示のルールは、様々な官公庁が管理しているため、とても煩雑です。
製造工程や配合割合で表示基準が変わるなど、食品表示からは見えない部分での判断があるため、できるだけ原料規格書と照らし合わせながら食品表示の確認をおすすめします。

ただし、商品点数や原料点数が多ければ多いほど、規格書の管理作業だけで膨大になります。
回収理由の第1位である食品表示ミスは、多くはこの「規格書の管理ミス」に起因すると実感しています。
それと同時に、「一部の専門知識を持つ人にしか食品表示をチェックできない」ことも、
多くの原因だと実感しています。

そのような状況を解決するために、Foodogは、属人的なチェックではなく『誰にでもできる』ことを目指し開発されています。
同様に規格書管理も、誰にでもできるものがベストだと考えています。

「 Foodog(フードッグ)」と「Hyper規格書@Web」で、単純なミス低減だけの効果だけでなく、消費者や流通からの質問に即対応できる体制を整え、信頼性を向上させる手助けができればと思います。

詳しくはこちらから

Foodog(フードッグ)はこちらから



お知らせ2011年12月 食品表示根拠確認システム Foodog サービス開始

食品表示根拠確認システム Foodogがオープンいたしました。
食品表示(※一括表示、パッケージのキャッチコピー)のチェックツールで、食品表示のどこに問題があるのか、何を確認する必要があるのか、根拠となる資料のURL、 どのように対処すればいいのかが一目でわかるASPサービスです。
※現在はバージョンアップしています。

Foodog(フードッグ)はこちらから



ニュースリリース3秒でできる食品表示チェック!
キャッチコピー(根拠が必要な表示、禁止表示)チェック、
画像内文字読込機能追加の「らくらく食品表示チェッカーVer.6」

食品に特化したコンサルタント事業を運営する、株式会社ラベルバンク(大阪市淀川区、代表:川合裕之)は、 年間約9,800件の食品表示チェック業務の経験を活かし、「らくらく食品表示チェッカーVer.6」を8月23日(月)に発売します。
食品表示をチェックする担当者様のために食品の商品パッケージのキャッチコピーや原材料表示について、 新たに2つのチェック範囲(根拠が必要な表示、禁止されている表示)が追加されました。

◆未然に防ぐ誤表示 ミスコミュニケーションを防ぐ らくらく食品表示チェッカー
新たに追加されたキャッチコピーのチェック範囲

【根拠が必要な表示】
・表示するには根拠(合理的な根拠)を用意する必要がある表示とその食品の種類を確認。
【禁止表示(禁止されている表示)】
・表示することが禁止されている表示とその食品の種類を確認。

(例えばパッケージに「天然」という言葉が含まれていると・・・)

同じ言葉でも食品の種類によって「根拠が必要な表示」と「禁止表示」が変わるため注意が必要になります。 それらを簡単すぐにチェックするために開発されたのが「らくらく食品表示チェッカーVer6」です。

◆画像内文字読込機能も追加
食品パッケージの画像(JPEG画像に限る)の中の文字を読み込み、チェックすることができます。
(この機能を利用する場合は、チェック時間の所要時間3~5分)

※現在「らくらく食品表示チェッカー」は「Foodog(フードッグ)」に移行しています。
※食品パッケージの画像(JPEG画像に限る)の中の文字を読み込み、チェックする機能は終了しました。

Foodog(フードッグ)はこちらから



ニュースリリース「らくらく食品表示チェッカー」リリース

NEWS RELEASE 2009/3/6 株式会社ラベルバンク


今注目のキーワード「食の安全」への期待ツール
食品表示のミスと修正ポイントが一発確認できるチェックサイトオープン
複雑な表示ルールには、「らくらく食品表示チェッカー」!


食品に特化したマーケティング事業を運営する、
株式会社ラベルバンク(大阪市淀川区、代表:川合裕之)は、食品の原材料表示について、 法律上注意すべき、又は変更すべき間違い箇所を、データを貼り付けることによって ウェブ上で一発検出する、「らくらく食品表示チェッカー」を3月6日リリース致しました。

「この添加物はどう表示すればいいの?」などの表示に関する問い合わせの増加と、 新商品棚換えの時期に伴う、大量の食品表示作成の際に効率よくチェックできるツールとして開発致しました。

複雑な作業でありながら、消費者が以前に比べてより注目するようになった「原材料表示」。
「簡単、便利でわかりやすい」を基本とした、原材料表示を専門とする新しいチェックシステムです。

対象:    食品、健康食品等における原材料表示
対象法令:  JAS法、食品衛生法、健康増進法、景品表示法



ニュースリリースWhen travel abroad, how to keep ourselves away from allergic reaction?
“Rakuraku Allergen Check in Multi-languages”was released.

NEWS RELEASE 2008/7/25 Lablebank, Inc

Here,you can easily check out the 25 biggest allergens in the menu of foreign counties!
You can also check them both in English and the local languages!
This is the fresh new platform for people who have allergy to share information.


Lablebank, Inc (Yodogawa-Ku, Osaka; President: Hiroyuki Kawai ), as a consulting company which focuses on Foodstuff Labeling ・ Advertisement Promotion, now released its new checking tool “Rakuraku Allergen Check in Multi-languages”.

You can check the popular menus of the top 14 heated tourist countries(e.g.Locomoco).Also, we listed 25 food materials which may cause allergic reaction (e.g. beef, egg, wheat, shrimp, peanut etc.), and translated them both in English and the local language of the 14 countries.(e.g. 《Hawaii》beef,egg,wheat,milk,apple)

For people who suffer form allergy, to eat in a foreign country when traveling may be one big problem. It is said that one employee, who has allergy to cheese, had to carry a card reading “Nein Kase” with him, when traveling in Germany . For parents whose children have allergy, travel in a foreign country becomes even more difficult. Thus, for helping people like them, our company carried on further exploitation based on our existed net service for companies and developed this new one.

You can either make note of allergen' name in local language, or memorize those dishes listed in your checking result to keep you safe from the allergens.

What's more, if you want to add new information to our database, or want to know about menus you haven't found here, please feel free to offer us your opinion.

■『website of Allergen Check in Multi-languages』 http://member.rakucheck.jp/slac_en.php



ニュースリリース夏休み、海外で食物アレルギーに悩まないために。
「らくらく多言語アレルギーチェッカー」リリース

NEWS RELEASE 2008/7/25 株式会社ラベルバンク


画面上で、料理メニュー中の25のアレルギー物質がすぐわかる!
アレルギー名を英語と現地語2ヶ国語で表示!
食物アレルギーを持つユーザーがネット上で情報を共有する新しいスペース登場。


食品表示・広告表現を専門とするコンサルティング企業、株式会社ラベルバンク(大阪市淀川区、代表:川合裕之)は、夏休みに日本から海外旅行に行く人を対象に「らくらく多言語アレルギーチェッカー」を新規リリースしました。

14カ国中(日本からの海外主要渡航先)で調べたいメニューを入力(例:ロコモコ)。
料理の中で25のアレルギーのうち含まれるアレルギー物質(例:牛肉 , 卵 , 小麦 , 乳 , りんご)が、日本語と英語、現地語 ( 英語圏の料理は英語のみ ) で表示されます(例:《ハワイ》 beef,egg,wheat,milk,apple )。
メニューの入力言語は日本語と英語の2種類に対応しています。 ( その他、トムヤムクン、ザッハトルテ、ラタトゥーユ、ミネストローネなど多数収録 )

食物アレルギーを持つ人にとって、渡航先の食事は大きな悩みの一つです。
チーズアレルギーである社員が、ドイツで「Nein Kase」と書いて持ち歩いたという経験が話題に挙がりました。アレルギーの子どもを持つ親や、海外旅行へ行きたいけれど食物アレルギーが気になって躊躇してしまうという人達のニーズに合う新しいサービスができるのではという社内の声により、弊社の法人向けネットサービスを応用して開発しました。

表示結果の現地語をメモして食事に行く際持参したり、アレルギー物質が含まれていると分かった料理メニューで除去食を作ることができるか交渉したりと使い方はいろいろ。
また、既存のデータベースに収蔵しているメニュー以外に、追加してほしいメニューを常時募集し、アレルギーを知りたいユーザーと一緒に発展させていく情報スペースとして展開していきたいと考えております。

PAGE TOP