正確で効果的な食品表示を、選ばれるためのコミュニケーションツールに

ラベルバンク

グローバルサービス

海外の企業様に食品表示関連サービスをご提供しております。

ラベルバンクでは、専門の海外担当者が常駐しているため、
日本人ご担当者の有無を問わず、海外の企業さま・お客様から下記の業務を承っています。
サービスご案内、お見積もり、契約書、レポート等はすべて英文文書でご用意しておりますので
海外に本社を置かれている日本支社の方にも多くご利用いただいております。

食品表示作成・チェックサービス
日本で販売するための食品表示や栄養成分の作成・チェックを行います。英語の資料にも対応、やり取りやレポートについても、日本語・英語どちらにも対応しています。

規格書関連サービス
規格書の翻訳では、食品業界で使用される専門的な用語を採用しつつ、海外の公的機関等で使用している用語かの検証を行い可能な限り国際整合性を加味した翻訳品質に仕上げています。

プロモーションサービス
ウェブでの品質情報の発信やメニューの日英翻訳など、消費者のニーズに答えるプロモーションのお手伝いをいたします。

ラベルバンクの特徴

食品表示関連資料の翻訳業務を、国内・海外から広く承っております。

ラベルバンクでは、これまで多くの輸入食品の食品表示作成、規格書翻訳に携わってきました。

製造者、生産者様の考えや商品特徴によって、使用される原材料名や添加物名の用語も変わりますが、
国際的な流通のうえでは物質名や成分名とその定義を正確に把握し、その情報を管理していく必要があります。
そのため、日本の規格基準をはじめ、国際規格で使用されている定義との比較などを考慮した検証を行い、
それを日本語と英語とにそれぞれ翻訳し、海外の製造者・検査機関と連絡を取り合うことをしております。

連絡方法は、文書のうえでもすべて英語で対応しております。
英語以外の外国語には対応はできておりませんが、まずはいったん共通言語として英語に翻訳していただき、
それを日本語(もしくは外国語)に翻訳する過程で、定義などの検証をすすめるようにしております。

こうした経験を活かし、原材料規格書や製品規格書の翻訳業務を中心に、
輸入食品表示の作成だけでなく、食品表示関連資料の翻訳業務を、国内・海外から広く承っております。
また商品説明などの文章では、相手国の食文化の背景と、日本の食文化の背景の違いを理解し、
どうすれば正しくかつ適切に表現できるのか、その検証にも日々の業務で取り組んでおります。

これまでご依頼があった地域のご紹介

・北アメリカ(アメリカ、カナダ)
・中南米(メキシコ、ブラジル)
・ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、ポーランド、スウェーデン、スペイン、スイス、イタリア、ベルギー、ポルトガル)
・中東(イスラエル)
・アジア(香港、中国、韓国、台湾、タイ、シンガポール、マレーシア)
・オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド) など

その他の地域の企業さま・お客さまもお気軽にご相談ください。

連絡方法・お支払通貨

海外からの連絡方法は、Eメールのほか、スカイプもご用意しております。
(対応言語:日本語・英語)

お支払通貨は、日本円でのお支払いのほか、
アメリカドル(USD)や欧州ユーロ(EUR)でのお支払もご対応しています。
その他の通貨についても、お気軽にご相談ください。

こちらから英語サイトへリンクしています。

英語サイトへ

下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちら

PAGE TOP