正確で効果的な食品表示を、選ばれるためのコミュニケーションツールに

ラベルバンク

プロモーションサービス

プロモーションサービス

ラベルバンクのプロモーションサービスでは、「商品のこだわり」「かくれた特長」を消費者に伝えることをベースに、 世の中の動きや消費者のニーズに応える商品情報・品質情報コンテンツを加えたブランディングサイトやショッピングサイトを作成します。

ゼロからの制作だけではなく、現在運用しているサイトのリニューアルなども受け付けております。 「こだわり」が消費者・事業者さまに伝わることはもちろん、食品の情報を生かしたサイト制作を考えておられるお客様はお気軽にご連絡ください。

「食品サイト」で今伝えたいこと

突然ですが、皆さんは現在の食品表示はわかりやすいと思いますか。

平成21年に内閣府で発表された「食品表示等に関する意識調査」では、 現在の表示制度を「わかりやすい」とした人 39.0%、「わかりにくい」とした人 36.2%と、 回答者の4割弱がわかりにくいと意見しています。

さらに「現在の食品表示で十分な情報が得られているか」という問いには、 「得られている」とした人 29.2%、 「得られていない」とした人 40.8%と、 現在の食品表示で得られる情報は不十分だと感じている人の方が上回る結果になっています。

また、消費者が重要視している情報は、 上位から「賞味期限」「原産地」「添加物情報」「原材料名」「農薬・抗生物質の使用状況」となっています。 今後求める表示の改善点として、「情報量を増やす」と答えた人が34.2%もいます。

このように、食品の安全情報としてのわかりやすさが求められていると同時に、 量の増加も求められています。ただ、パッケージ上の表示スペースの制約などがあるため、 現在の食品表示制度では両立が難しい現状が見えてくるのではないかと思います。

出典元:内閣府「平成20年度国民生活モニター調査結果(概要)~食品表示等に関する意識調査~」

このように、年々消費者の食品に対する安全性への関心が高まっています。
それと同時に情報も増え、その情報が増えすぎたため、パッケージには情報があふれ、 かえって見づらいパッケージになり、肝心の消費者に見落とされています。

今後、より表示するべき情報が増えていくであろう風潮の中で、安心・安全情報を、分かりやすく効率良く伝えていくことが大切です。

そして、効率良く伝えていく方法のひとつが、世の中の動きや消費者のニーズに答える食品情報サイト作成です。

今では、さまざまな企業が、独自にサイト上で品質情報を公開するなど、こうしたニーズに応えています。

ラベルバンクのプロモーションサービスでは、「商品のこだわり」「かくれた特長」を消費者に伝えることをベースに、 世の中の動きや消費者のニーズに答える商品情報・品質情報コンテンツを加えたブランディングサイトやショッピングサイトを作成します。

早速、上の図の右下「製品の安心」を伝えることを始めませんか。

ラベルバンクだからできるサイト制作3つのポイント

食品表示を中心としたサービスで培われた経験を生かし、
・ブランディング
・表示から分かる食品の特長
・商品情報の重要性
の3ポイントを重視したサイトを作成いたします。

合わせて、規格書管理サービス、英語ページ作成、ECサイト構築も行なっております。
まずはお気軽にお問合せください。

プロモーションサービス「Promotion Studio」サイトへリンクしています。
ご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。

Promotion Studioはこちら

ご相談は、下記からリンクされているお問合せフォームより承ります。
現在、サイトをお持ちの方はURLも合わせてお送りください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP