株式会社ラベルバンク

品質基準

サービスに関する方針

「食品表示は誰のためのものか。品質を確認したい消費者のため、品質を伝えたい生産者のため、安定した社会秩序のため。」を常に考えながら、国際水準品質と時代に合った最適な課題解決を開発し続けることを基本方針としています。

食品表示サービス

食品表示サービス

生産者の思いを表現すること、品質確認を必要とする消費者の利益を明確にします。食品表示を作成する際は作成フローを明確にし、生産者様に提示します。食品表示の文字情報としての役割に加え、食品のもつ文化的役割を大切にします。海外の食品は、その土地の食文化を伝えることを大切にした食品表示作成を心がけます。

マーケティング

食品表示マーケティング

3つのキーワードを大切にします。
「使命」:生産者様が、なぜその商品を作ったのか、これをしっかり理解します。「愛情」:生産者様は、その商品にどれだけの情熱をかけているか、これを伝えます。「品質」:製法、栄養機能など、その商品の品質を裏付ける科学的な根拠を大切にします。

国際水準

国際水準品質

日本へ輸入される食品表示の確認業務の多くは、海外の複数国の検査機関からの依頼にもとづいて行います。そして海外に輸出される食品表示の確認業務は、これら現地検査機関との協業により行います。お互いに調査対象の項目、範囲、度合に対する認識を常に確認し、また定期的な情報交換により品質の水準を高めるよう努めています。

情報管理に関する方針

情報セキュリティに関連する法令規則並びに当社の規定基準を遵守し、高いセキュリティ対策を実施しています。また、食品表示に特化したデータエンジンを開発し、標準化されたシステムで経験に左右されない作成、チェック体制で臨みます。

高セキュリティ

高セキュリティ

電気鍵による入退室管理システムを採用しています。セキュリティルームを設置し、多段階のセキュリティで個人情報や機密情報を管理しています。ゲートウェイ(インターネットの出入り口)は、統合脅威管理による対策を実施しています。PCはウィルス対策ソフトを導入しています。

閉域ネットワーク

閉域ネットワーク

社内ネットワークは、インターネットから分離された閉域網によるデータ送受信を行うことにより、セキュリティの高い通信を実現しています。WEBサイトは情報を安心して送信できるよう、ログイン画面や送信フォーム等にSSLを用いてデータを暗号化しています。

標準化システム

特化システム

食品表示に特化したデータエンジンを開発し、食品表示で使用される原材料等の用語とその使用に関する規定、そしてその関連性についての判断樹まで様々なデータが蓄積されています。標準化されたシステムで経験に左右されない作成、チェック体制で臨みます。

PAGE TOP